自己処理の脱毛方法――毛抜きを使うのはどうなのか?

手間はかかるし痛いがお金はかからない脱毛方法が毛抜きを使う方法です。 ここでは自己処理の脱毛方法で<毛抜きを使う方法>について考えてみましょう。

実際に脱毛しようとしたら毛抜きを1つ購入するだけでOKです。 1回購入しておけば何回も買い換えることもありません。 また自分の好きなタイミングで脱毛することができるので便利です。

お金はかからないですが、やはり1本1本丁寧に抜いていきますから手間が掛かります。 コスト面ではナンバーワンの脱毛方法であるのは間違いないでしょう。 根気がない人にとってはとても面倒な作業ではありますが、中にはやり始めるとハマってしまう女性も多いと聞きます。

くり返して抜いていれば、ムダ毛が生えてこなくなったりするケースもあるし毛の分量が少なくなった例もあります。お肌の表面に与えるダメージも少ないですし見た目でも綺麗に脱毛しているようです。

大切な事は毛根部分からしっかりと抜き取ることです。 そうすることができれば毛管がお肌の表面まで伸びてくるまでムダ毛の心配はありません。

デメリットは広い範囲を毛抜き1本で脱毛するのがとても大変な作業になるということです。 時間も手間も相当かかりますし毛根から無理やり引っこ抜いてしまう荒療治です。 毛球や皮下組織を損傷してしまうことがあります。

毛穴内部にダメージがあると雑菌が入りこんで毛穴や周辺の皮膚が化膿したり炎症したりするリスクがあるでしょう。そうなると毛穴がぷつぷつして戻らなくなって見栄えが悪いですし黒ずみやシワの原因にもなります。

失敗して毛根から抜けないで途中で切れてしまうこともあります。 毛穴の内部で伸び始めてしまい毛穴から出ることができなくなればお肌の内部で伸び続ける埋没毛になってしまうかもしれません。

そうなると脱毛処理はできませんしお肌の内部で化膿してしまうこともあるようです。 どうしても毛抜きで脱毛するならば、確実に毛抜きでムダ毛を挟んで生えている方向に向かって引き抜くことが大切になります。

メニュー

ページの先頭へ